結婚指輪は選んで買う|雰囲気や特徴的なデザイン

夫婦

指輪の種類

夫婦

結婚指輪は、日常生活の中で身につけられるアクセサリーです。なので、仕事場やプライベートで身に着けている人は沢山います。結婚指輪を選ぶ基準には様々なものがあります。まず最初に決めるのは、素材です。素材にはゴールで出来ているものやプラチナでできているものがあります。ゴールドは、素材が柔らかいためサイズの変更などの加工を行なうことができます。また、ゴージャス感があり、肌の色と近いので馴染みやすい特徴があります。プラチナは、熱に強く、傷がつきにくい素材です。汗による変色を起こさないため人気があります。他にも、ホワイトゴールドやピンクゴールドで出来た素材があります。

結婚指輪に使う素材が決まれば、次にデザインを決めます。デザインには、シンプルなストレートや少しカーブのあるS字型など様々な種類があります。一般的には、シンプルなストレートを選ぶ方も多いです。しかし、S字型には指を細く見せる効果があります。他にも、V字型の指輪をはめることにより指を長く見せれたりデザインによって様々な効果が得られます。また、人によっては結婚指輪にダイヤモンドをつけたりする人も居ます。ダイヤモンドを付ける場所は様々です。指輪のアーム部分に埋め込む人もいれば、アームの上に付ける人もいます。ダイヤモンドをワンポイントはめ込むことで指輪を更に輝かせる効果があります。しかし、アームの上につけてしまうと、服に引っかかったり、家事をするときに外さないと行けない場合があるので注意が必要です。